澤藤統一郎の憲法日記

改憲への危機感から毎日書き続けています

8月20日(水)法廷と報告集会のご案内-「DHCスラップ訴訟」を許さない・第16弾

※昨日(8月9日)、上智大学の田島泰彦さんからお誘いを受けて、メディアに関係する研究者と弁護士とジャーナリストの集いで、『DHCスラップ訴訟』についてたっぷりと報告をさせていただいた。集団的自衛権や、日の丸・君が代、靖国問題、自民党改憲案や消費者問題ではなく、自分が被告になったこのスラップ訴訟でのまとまった報告は初めてのこと。

言論の自由に深刻な問題と受けとめていただき、熱心に聞いていただいた。「被害者本人として、この点をどう考えているか」という質問がいくつも出た。集いの参加者みんなが表現の自由の拡大を一面的に望ましいと考えているわけではない。過剰な取材や報道から、市井の人々のプライバシーをどう守るかに最大の関心を持っている人もいる。そのような立ち場の人も含めて、「本件スラップは人権と民主主義の双方にたいへん危険」ということで異論はなかった。

人間、励まされると元気が出る。声がかかったら、どこにでも出かけて行って『DHCスラップ訴訟』について語ろう。なにしろ私は、被害者本人である。こんな経験は滅多にできるものではない。貴重な語り部として、被害体験を大いに語るべき責務があろうというものだ。

※このブログで、『DHCスラップ訴訟』進行をリアルタイムで報告することをお約束している。スラップ訴訟への法廷内外での対抗の在り方のモデルケースを示したい。理論的な蓄積や応訴のノウハウについても提供したい。このブログの「『DHCスラップ訴訟』を許さないシリーズ」を、スラップ応訴劇場ともし、スラップ対応教室ともしてみたい。その立場から、現在の弁護団体制や、確定しているスケジュールと、あと10日となった8月20日(水)法廷とその後の報告集会の予定についてご連絡する。

※現在、被告側の応訴弁護団員数は110名。8月20日次回期日出廷予定者は39名となっている。これは予想外。相当なものだ。弁護団参加者は、みんなが、「澤藤一人の問題ではない。人権と民主主義を侵蝕する問題として見過ごせない」と立ち上がっている。また、澤藤や弁護団中核の「この典型事件の応訴の過程で、これまでの理論や運動の経験を集大成して、他の事件にも使えるようにかたちにして残そう」ということに賛同して、次のスラップ訴訟は単独てでも受任できるように経験を積みたいとしてくれている若手もいる。弁護団もスラップ対策教室となっているのだ。

※当面のスケジュール
 8月13日 被告準備書面(1)、乙号証、訴訟委任状、意見陳述書案各提出
 8月20日(水)午前10時半 事実上の第1回口頭弁論期日
     東京地裁庁舎7階 705号法廷(民事24部合議係) 
     通常手続以外に意見陳述があります
       澤藤5分、当事者の立ち場で。
       弁護団長5分、法的な整理を中心に。
     誰でも傍聴可能です。しかし、満席となればそれ以上は入れません。
 8月20日(水)11時~ 報告集会兼弁護団会議(東京弁護士会508号室)
   ☆弁護団長報告
     当日の法廷の解説、今後の進行見通し、争点などについて
   ☆北健一さん(「武富士対言論」の著者・出版労連事務次長)報告
     スラップ訴訟の実態とその危険性。実践的な対応策など。
   ☆スラップ経験弁護士からの補充
   ☆田島泰彦さん(上智大学・メディア法)報告
     スラップ訴訟と表現の自由、本件の進行に関して
   ☆スラップ訴訟や応訴の意義に関しての意見交換
   ☆訴訟の進行や主張・立証に関する意見交換
 どうぞ、どなたでもご参加下さい。
 ここも、劇場でもあり、教室でもあるのですから。
(2014年8月10日)
**************************************************************************

          『DHCスラップ訴訟』応訴にご支援を
このブログに目をとめた弁護士で、『DHCスラップ訴訟』被告弁護団参加のご意思ある方は東京弁護士会の澤藤(登録番号12697)までご連絡をお願いします。

また、訴訟費用や運動費用に充当するための「DHCスラップ訴訟を許さぬ会」の下記銀行口座を開設しています。ご支援のお気持ちをカンパで表していただけたら、有り難いと存じます。
    東京東信用金庫 四谷支店
    普通預金 3546719
    名義   許さぬ会 代表者佐藤むつみ
 (カタカナ表記は、「ユルサヌカイダイヒョウシャサトウムツミ」)

Info & Utils

Published in 日曜日, 8月 10th, 2014, at 23:47, and filed under DHCスラップ訴訟.

Do it youself: Digg it!Save on del.icio.usMake a trackback.

Previous text: .

Next text: .

Comments are closed.

澤藤統一郎の憲法日記 © 2014. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.