澤藤統一郎の憲法日記

改憲への危機感から毎日書き続けています

宇都宮健児君、立候補はおやめなさいーその28

「もしもし、憲法会議事務局長の平井正さんですね。澤藤です。

執筆のご依頼を受けた「月刊憲法運動」2月号の原稿の件ですが、本日が締切の1月17日です。ご依頼の「岩手靖国訴訟」をテーマにした原稿は執筆いたしました。これから送稿すれば、1月末発行の「2月号」に掲載していただけるでしょうか」

『そのことについては、一昨日にファクスで申し上げたとおりです』

「私が文書を要求して、一昨日のファクスをいただきました。経過は正確に記載されています。平井さんが、けっして嘘を言ったりごまかしたりされる方ではない。そのことはよく分かりました。そのファクスが『3月号以降への掲載変更の再度のお願い』となっています。『再度のお願い』に私は承諾いたしかねます。改めて申し上げますが、私はお約束のとおり、ご依頼の原稿を完成しました。あなたがお約束のとおり『2月号に掲載する』と言っていただけるなら、これから送稿いたします。いかがでしょうか」

『ファクスで申し上げたとおり、2月号の掲載はできません』

「確認しますが、約束を破ってまで2月号掲載ができないという理由は、私が宇都宮君批判のブログを書いているからということで、それ以外に理由はありませんね」

『そのとおりです。そのこともファクスに記載しています』

「他の理由だったら、私はもっと物わかりのよい態度をとることもできます。靖国問題の記事の掲載は早いに越したことはないと思うけれども、なにも、その原稿掲載が何か月か遅れることが、大問題と言うつもりはありません。しかし、私の表現の自由にかかわる問題となれば話は別です。憲法上の権利について、一歩も譲ることはできません。あくまでも、お約束いただいたとおり、2月号掲載をお願いしたい」「憲法会議は『民主的自由をまもり、憲法の平和的・民主的条項を完全に実施させ』ることを目的とする団体ではありませんか。憲法理念の擁護を看板にしている団体として、私の憲法上の権利に配慮をお願いしたい」「表現の自由は、けっして公権力からの権利侵害だけを問題とするべきものではない。私的団体とはいえ、憲法会議に私の表現の自由を尊重していただけないことは、まことに不本意です」

『ファクスで申し上げたとおりです。2月号掲載のご要望には沿いかねます』

「私は、あくまで2月号掲載要求にこだわります」

『では、ファクスに書きましたとおり、掲載自体を見送らざるを得ません』

「よし、分りました。確認しますが、約束を破ったのはあなたの方です。そして、約束を破った理由は、私がブログで宇都宮君批判の言論をしたこと。それで間違いないですね」

『残念な成り行きですが、おっしゃるとおりです』

「もう結構です。これ以上話すことはないので電話を切ります」

おそらくは、この電話の切れ目が縁の切れ目だ。宇都宮君、私はきみと縁を切ることになんの躊躇もなかったが、こうしてきみを支援している人たちと次々と縁を切っていくことになるのだろうか。

もっとも、このブログの「おやめなさいシリーズ」を始めて以来、日々新鮮な発見があり、新たな理解者との新たな縁のつながりがある。まさしく、捨てる神あれば、拾う神もある。それでも、切らずに済む縁なら、切ることもない道理。きみの立候補さえなければ余計な心配をせずともよいことになる。

やはり、宇都宮君、きみには速やかに立候補を断念し、そのことを明示してもらいたい。
(2014年1月17日)

Info & Utils

Published in 金曜日, 1月 17th, 2014, at 23:46, and filed under 宇都宮君おやめなさい.

Do it youself: Digg it!Save on del.icio.usMake a trackback.

Previous text: .

Next text: .

Comments are closed.

澤藤統一郎の憲法日記 © 2014. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.