澤藤統一郎の憲法日記

改憲への危機感から毎日書き続けています

こだまでしょうか いいえ あの人たち

いったいどうなっているのって聞くと
「記憶がないの」という。

「じゃあ記録があるでしょう」というと、
「捨てました」という。

捨てたはずの記録が見つかると、
「それは怪文書だよ」という。

あとで本物だと分かると、
「これって正確ではない」という。

せめてこの人だけでも証言をというと、
「イタリアに行ってもう無理」という。

それなら別の人の証人喚問をというと、
「そんな必要はありません」という。

でも、「丁寧に説明しますと約束したよね」というと、
「もう十分、これ以上の説明は必要ない」という。

「それでも、もう一度ご説明を」っていうと、
「調査は司直の手に任せた」って。

いったいこれからどうなるのかしらって聞くと
「時が過ぎれば闇の中」とつぶやく

こだまでしょうか
いいえ あのひとたち

**************************************************************************
不思議

私は不思議でたまらない
自由と民主のこの時代
安倍さん首相になったのが

私は不思議でたまらない
庶民を敵視の自民党
どうして選挙に強いのか

私は不思議でたまらない
年金削って保育園
介護削って奨学金
これこそ朝三暮四でしょう

私は不思議でたまらない
自分を愚直という人の
人を見下すしたり顔
あとでぺろりと舌出すの

私は不思議でたまらない
コントロールもブロックも
ウソと知りつつ再稼働
誰が責任とるのやら

私は不思議でたまらない
無理に作った薄笑い
歯の浮くようなウソ重ね
国民欺していることが

私は不思議でたまらない
誰にきいても笑ってて
本気で怒ってないことが

(2017年10月11日)

Info & Utils

Published in 水曜日, 10月 11th, 2017, at 18:11, and filed under 安倍政権, 選挙.

Do it youself: Digg it!Save on del.icio.usMake a trackback.

Previous text: .

Next text: .

Comments are closed.

澤藤統一郎の憲法日記 © 2017. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.